So-net無料ブログ作成
検索選択

豆乳ローションがマキノ出版ムック本に掲載されました

「高濱式手作り豆乳ローション」が
マキノ出版社ムック本「女性ホルモンアップ術」の40ページに
(皮膚の)女性ホルモンを高める生活術として
掲載されました。平成25年3月発行です。

女性でも血中には男性ホルモンを含んでいて、
その男性ホルモンが毛根(高濱研究では内毛根鞘細胞)を刺激して
毛を太くしています。

豆乳ローションがムダ毛を抑えるメカニズムは、
豆乳ローションのイソフラボンの女性ホルモン様作用が
毛根で男性ホルモンを抑えるため、
ムダ毛が育たないで、抜けるのです。

ゆほびかムック「女性ホルモン」アップ術2013の表紙説明縮小.jpgゆほびかムックp40「女性ホルモン」アップ術2013.3.jpg
nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

toyotomi

ネオ豆乳ローションを使い始めてから現在2本目の途中になります。
このブログもよく拝見させていただき参考にしていたのですが、気になることがあり、2つ質問させてもらいます。 まず毛穴に対しての浸透についてですが、以前このブログで高濱先生は豆乳ローションをしみ込ませるのに一番大事なことは、谷間の皮脂をお風呂やシャワーで取り除くことだとおっしゃっていましたが、僕は半身浴を毎日しており、最後にシャワーの冷水で全身を洗い流して出るのですが、冷水ということは、毛穴はもしかすると引き締まってるのかもしれません。皮脂などは取り除かれてるとは思いますが、毛穴が開いた状態でなければだめなのでしょうか?それか毛穴の開きどうこうより、皮脂を取り除くことが浸透させる上で大切という事でしょうか?        それと以前、先生は剃って塗ることの利点は、肌の上に今生えている毛を一先ずなくし、あとから生えてくる毛の数が減っていくので、効果が確認しやすい点であり、剃らずに塗っても、毛根に対する効果は同じだと書かれていましたが、僕は男なので、剃ったりせずにそのまま使いたいと思ってるのですが、それでも効果の面では同じという事でいんでしょうか?塗り方は一応、毛の流れに逆らって押し込むように塗ってます。お忙しいかと思いますが、回答の方よろしくお願い致します。
by toyotomi (2013-07-06 18:31) 

toyotomi

ネオ豆乳ローションを使い始めてから現在2本目の途中になります。
このブログもよく拝見させていただき参考にしていたのですが、気になることがあり、2つ質問させてもらいます。 まず毛穴に対しての浸透についてですが、以前このブログで高濱先生は豆乳ローションをしみ込ませるのに一番大事なことは、谷間の皮脂をお風呂やシャワーで取り除くことだとおっしゃっていましたが、僕は半身浴を毎日しており、最後にシャワーの冷水で全身を洗い流して出るのですが、冷水ということは、毛穴はもしかすると引き締まってるのかもしれません。皮脂などは取り除かれてるとは思いますが、毛穴が開いた状態でなければだめなのでしょうか?それか毛穴の開きどうこうより、皮脂を取り除くことが浸透させる上で大切という事でしょうか?        それと以前、先生は剃って塗ることの利点は、肌の上に今生えている毛を一先ずなくし、あとから生えてくる毛の数が減っていくので、効果が確認しやすい点であり、剃らずに塗っても、毛根に対する効果は同じだと書かれていましたが、僕は男なので、剃ったりせずにそのまま使いたいと思ってるのですが、それでも効果の面では同じという事でいんでしょうか?塗り方は一応、毛の流れに逆らって押し込むように塗ってます。お忙しいかと思いますが、回答の方よろしくお願い致します。
by toyotomi (2013-07-06 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。