So-net無料ブログ作成
検索選択

日赤の献血業務に協力しています

日本赤十字社(日赤)は、献血ボランティアの方々から採血し、
集めた新鮮血液や血液製剤を病院に日々提供しています。

最近、心配なことに、献血者が減り、
病人や手術中の緊急を要する輸血への血液確保が難しさをましています。

日赤では、
『血液の機能を完全に代替できる手段はないため、
医療において輸血は欠かすことができない治療法となっています。
皆さまの献血が輸血医療を支えています。』
と訴えています。

日赤の献血業務の窮状にお役に立ちたいと思い、
祭日や土曜日などに、
献血のための検診医の仕事をしています。

日赤ポスター2.jpg
これは、フギュアースケーター羽生結弦さんの写真を使った、
日赤の献血広報ポスターです。
(後記)
羽生さんは、2015年のNHK杯SPで106・33点の世界歴代最高得点を出し、
フリーとの合計点で322・40点の驚異的得点を出しましてね。
すごいです。

献血ルームでの検診医の仕事は、簡単に言うと、
献血してくださる人にひとりひとり面接し、
その方の健康状態や海外渡航歴など20項目以上をチェックして、
採血することが体の負担にならないか、
採血した血液が安全なものかなどを判定することです。

そのほか、
採血中や採血後に、
気分がわるくなったりの異常事態が起こった時、
医学的判断をくだし、看護師さんとともに、
応急処置をします。
(日を改めてあとを続けます)

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

埼玉医大 23回生 2000年卒 Nishida Masaaki

高濱先生 御机下
本日、献血ルームでお世話になりました。先生には、大学3年生(96年)の時の病理学でお世話になりましたので、20年ぶりになります・・・。思わぬところでお会いする機会となり、驚き、そしてなつかしい気分で献血出来ました。卒業して16年、現在私は麻酔科医をしていますが、仕事柄血液製剤をたくさん使うので、最近は供血する立場としてマメに献血に通っております。またお世話になることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by 埼玉医大 23回生 2000年卒 Nishida Masaaki (2016-04-30 22:41) 

高濱素秀の豆乳ローション教室

西田先生
 日赤の献血ルームに献血に来て頂いて感激しました。
医師の献血には、初めて遭遇しました。

20年前の学生時代の雰囲気を、そのまま持っていらっしゃるのも驚きでした。

また、このブログで再会できるとは、二重の感激です。

今後もよろしくお願いします。


by 高濱素秀の豆乳ローション教室 (2016-05-03 05:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。