So-net無料ブログ作成
検索選択

さいたま県のがん検診事業を手伝っています

公益財団法人埼玉県健康づくり事業団は、事業の一端として、
肺がんや子宮がんの検診を行っています。

同事業所の歴史を遡ると、がん検診が始まったのは昭和の時代で、
最初の名称は「埼玉県対がん協会」でした。

埼玉県庁に隣接する埼玉県医師会会館の中にあり、
その頃からのお手伝いです。

その後、埼玉県立常盤高校に隣接する埼玉県衛生研究所の敷地内に移り、
名称も現在のものに変わりました。

昨年2014年、現在の埼玉県比企郡吉見町に移りました。
さいたま市中心部から20キロ以上離れた田園地帯の中、広大な敷地内にあり、
埼玉県衛生研究所とふたたび同居しています。

ここで、僕は主に肺がん検診を手伝っているのです。
子宮がん検診のほうは、婦人科のドクターが担当されています。

対ガン協会photo4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。