So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

ネオ豆乳ローションの販売ページが簡素化されました

新しいページでは、今まで触れていなかったローションの原料のSGパウダーについて

簡単に触れています。

SGとは、Soy(大豆) Germ(胚芽)の略です。

大豆胚芽を多量集めて微粉末にして、水を加え、大きな釜で加熱して溶かし、

それに酵素を作用させて、たんぱく質や繊維成分を完全に消化分解し、

ドロドロになった大豆胚芽を真空中の吹き出す(スプレードライ)と

真っ白な粉末になります。

イソフラボンは、熱や酵素では壊れず、濃縮されて

元の大豆のイソフラボン量の180倍になっています。


ネオ豆乳ローションは、このSGパウダーを高濃度配合するので、

天然のイソフラボンの含有量が、業界で最も高いローションが出来上がるのです。


天然と書きましたが、世の中には、医薬品としてのイソフラボンや、

試薬や化学薬品としての純イソフラボンがあり、一見、そちらの方が効きそうですが、

こと細胞に対する効果を比べた論文では、天然イソフラボンが細胞に示す効果、

例えば、培養乳癌細胞の増殖を抑える効果などは、

大豆胚芽の粉の中の天然イソフラボンでは認められるけれど、

医薬品や試薬や化学薬品の純化したイソフラボンでは見られなかったということです。


イソフラボンは、ムダ毛を抑えるだけでなく、

メラニンを抑え、コラーゲン組織のECM(細胞外基質)を増やし、

しっとりした肌を作ります。



(株)医食創美では、夏のスーパーセールが始まっています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ