So-net無料ブログ作成

高濱式手作りマシュマロヘアローションがテレビ東京で取り上げられます

7月7日、テレビ東京の特別番組「うひゃうひゃ健康TV」(午後7:58~9:48)、
(高田順次さん、中山秀征さんの進行)の中で、
「高濱式手作りマシュマロヘアローションが紹介されます。

視聴できるのは一都八県
(東京都、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、山梨、長野の各県)です。

この新番組は、一見信じられないようなちょっと変な健康法を集めて、
その意外な効果を紹介するそうです。
夏太り、肩こり、腰痛なども紹介されるそうです。

「高濱式マシュマロヘアローション」は、2005年にも
みのもんたさん司会のテレビ番組で紹介されたので、
テレビ紹介は、今回が2回目です。
nice!(0)  コメント(16) 
共通テーマ:美容

クールビズにネオ豆乳ローション

気温が上がり始めました。薄着の季節がやってきます。
今年の夏は、原発事故の影響で節電節電の夏。
冷房も手控えされ、服装もクールビズが基調となります。

ムダ毛を抑え込み、さらりとした美肌のために
大豆の胚芽の豆乳を使った『ネオ豆乳ローション』の
レギュラーとストロングが本領を発揮する季節がやって来ます。
nice!(0)  コメント(16) 
共通テーマ:美容

東北関東大震災に㈱医食創美から義援金を送りました

さる3月11日午後14時46分ごろ、三陸沖震源の日本観測史上最大の
M9.0の大地震、引き続いて東北東日本の沿岸を襲ったこれまた
日本最大級の津波、福島原発事故、追い打ちをかける寒波、
住居難、食糧、生活必需品、燃料などの不足などなど
枚挙にいとまがありませんが、
現地のすさまじい惨状をテレビ報道などで見聞きするたび、
目に涙がにじみます。

災害でお亡くなりになった方々に心からご冥福を祈り、
今なお行方不明の方々の安全を願うばかりです。

身の危険を顧みず、困難な救助・復旧に果敢に立ち向かっておられる
東京消防庁ハイパーレスキュー体、自衛隊、警察の方々、
海外からはるばる駆けつけ下さった救援隊の方々の活動には感動し、
頭が下がります。
心から皆様の身の安全を祈っております。

今は、高濱個人として、又、医師として何もお役に立てませんが、せめてもと思い、
㈱医食創美内部で相談し、日本赤十字社の「東北関東大震災義援金」の窓口に
義援金を送りました。

日本の国内ばかりでなく、海外からも「頑張れ日本!」のエールが届き、
避難所などでは、生活支援活動、生活必需品補給活動や、
一般のボランティア活動に加えて、小学生「肩もみ隊」など、
小・中・高校生のボランティアの被災者支援活動も目覚ましく、
「あぁ、これが日本人の底力!」、と感動を新たにしています。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:美容

ネオ豆乳ローションシリーズのリニューアルの発売開始しました

「ネオ豆乳ローション」と「ネオ豆乳ローション-ストロング」のリニューアルは、
予想以上の難事でした。
それは、世界に例がない「大豆胚芽豆乳パウダー」を作ろうとしたからです。

純粋でイソフラボン濃度が高いパウダーが出来上がれば、
ネオ豆乳ローション-シリーズを安定的に製造出来ます。

最初、半年ぐらいで完成出来ると取り組んだのですが、
安定性が悪かったり、ローションが濁ったりとダメ出しが
続きました。

苦闘一年半、やっと満足出来るパウダーとローションが完成しました。

今度の世界初の素晴らしい「大豆胚芽豆乳パウダー」を
たっぷり使ったネオ豆乳ローションシリーズが、
素晴らしい抑毛効果と美肌効果をお届け出来ると思います。

nice!(0)  コメント(9) 

ネオ豆乳ローションネオ豆乳ローション・ストロングのリニューアル

忙しかった今年も今日で終わります。

ネオ豆乳ローションとネオ豆乳ローション・ストロングのリニューアル品は、
耐久テストを無事パスしたので、遅くとも2月上旬には準備できる見通しです。
nice!(0)  コメント(11) 
共通テーマ:美容

ネオ豆乳ローションとネオ豆乳ローション・ストロングのリニューアル経過

ネオ豆乳ローションのレギュラーとストロングのリニューアルサンプルの
耐久テストは、今年の猛暑に耐えて、順調に進んでいます。
今月10月末には、テスト合格のゴーサインが出るものと期待しています。
nice!(0)  コメント(25) 
共通テーマ:美容

ネオパイナップル豆乳ローション・リニューアルを発売開始しました。 [パイナップル豆乳ローション]

大変お待たせしましたが、やっと
ネオパイナップル豆乳ローションのリニューアル分の発売にこぎつけました。

前代未聞の「高濱式手作りパイナップル豆乳ローション」なるものを発明し、
最初にテレビ(当時の人気番組ースパスパ人間学)で公開したのが、
2004年5月27日でした。
(参照:『パイナップル豆乳ローションの誕生日は04・5・27』
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=4851005

続きを読む


nice!(0)  コメント(17) 
共通テーマ:美容

パイナップル豆乳ローションのリニューアル状況

ネオ豆乳ローションシリーズ全体のリニューアルが
予想以上に手間取った影響を受け、
「ネオパイナップル・豆乳ローション」のリニューアルも
大幅に遅れてしまいました。

多くの方から問い合わせや催促を受けていたのですが、
このほどやっと先が見えてきました。

とても良いサンプルが仕上がったので、
来週からパイナップル系の書き込みをしつつ
現状報告をするつもりです。
nice!(0)  コメント(15) 
共通テーマ:美容

ネオ豆乳ローションリニューアル 生みの苦しみ

昨年2009年8月に開始したネオ豆乳ローションシリーズのリニューアル。
思いがけず苦労の連続でした。
現行のネオ豆乳ローションを越えることができないのです。

ネオ豆乳ローションシリーズの最大の特徴は、
イソフラボンが集中して含まれる大豆胚芽を利用していることです。
大豆胚芽エキスを使っている化粧水は、
世界中でこのネオ豆乳ローションシリーズ以外は無いと思います。

この9ヶ月間の実験に使った大豆胚芽量は、300kg!
大豆胚芽は、元になる大豆の重量の1%しか採れません。
胚芽300kgのもとになった大豆量は、30トンです!

ネオ豆乳ローションの主成分の胚芽エキスは、
イソフラボンリッチな完全天然成分です。
これの分量(%)を増やすと、濁ったり、傷みやすかったり、沈殿物が生じたり、、、、
と苦労の連続でした。

でも、何とかリニューアルの希望の光りが射してきました。
もう一息です。
nice!(3)  コメント(13) 
共通テーマ:美容

ローズヒップエキスの作り方(再掲載)

高濱式の「手作りローズヒップ豆乳ローション」や
「手作りローズヒップマシュマロローション」に使う
ローズヒップエキスの作り方です。

ローズヒップ25g(アバウトでよい)に熱湯約200mlを注ぎ、
10~20分間放置して軟らかくし、ミキサーに入れ、
パイナップル約50gを加え、10秒間ぐらい粉砕します。

粉砕したどろどろ液体を密閉広口びんに移し、
10分間ほど置いたあと、ホワイトリカー200mlを加え、
よく混ぜ合わせ、1~2日間放置します。
(超急ぐ場合は30分か1時間ぐらい放置します。)

びんの上澄みが『ローズヒップエキス』です。

上澄みがうまく取れない場合は、リード・クッキングペーパーなどを使って濾して下さい。

ぼくは、ホワイトリカーを加えたあと、ニガリを約10ml加えます。
するとニガリの沈殿作用で、きれいな上澄みが早く取れます。

過去のこのブログにも書きましたが、より簡単にしてみました。
毎日、忙しくて一度には書き終わらないので、
時間を見て、書き足します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

ネオマシュマロ・ヘアローションの育毛作用の説明

ネオマシュマロ・ヘアローションの大事な成分は、

①コラーゲン分解物:
 マシュマロに含まれている良質のゼラチンを分解したコラーゲン分解物です。
 これは、マシュマロにフルーツのキウイの持つ分解酵素(アクチニジン)を加え、
 温めて作ります。

②クコの実エキス:
 頭皮にしみ込ませたコラーゲン分解物を受け取る細胞が線維芽細胞です。
 クコの実のエキスは、この線維芽細胞を刺激して、
 自前の頭皮コラーゲンを作り出します。
 年齢が進むと、頭皮コラーゲンが固くなり、血液循環が悪くなり、
 毛根への栄養補充が減り、
 抜け毛の原因となります。
 
 頭皮のコラーゲンを若返らせて抜け毛を防ごう、
 というのがネオマシュマロ・ヘアローションの
 一番重要な役目です。

③海藻エキス:
 ミネラル豊富で、
 ヘアケラチンを作るのに必要な
 含硫アミノ酸(硫黄を含むアミノ酸)が豊富です。

④カカオバター:
 皮膚軟化剤です。頭皮を軟らかくし、血流を良くします。

⑤ハーブエキス:
 若返りハーブと言われるローズマリーエキスなどです。
nice!(0)  コメント(26) 
共通テーマ:美容

ネオマシュマロ・ヘアローションが好評です [マシュマロヘアローション]

高濱式手作りマシュマロ・ヘアローションは、2006年、
テレビ番組でのテーマ『抜け毛の悩み・その対策』のために開発しました。

テレビ放送では、司会のみのもんたさんが、
「すごいヘアローション! これはきっと話題になりますよ」と
褒めて下さいました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:美容

ネオ豆乳ローションの原料改革に取り組みました

ネオ豆乳ローションシリーズは、
大豆胚芽から直接抽出したエキスを原料にしていました。

この抽出法では、抽出したあとに大量の胚芽カスが残ってしまい、
それが勿体ないと思っていました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(28) 
共通テーマ:美容

アンダーヘアのお手入れについての私見です

今年の1月、このブログでアンダーヘアのお手入れについての悩みを書きました。↓
http://takahamadr-soylotion.blog.so-net.ne.jp/2009-01-12

梅雨明けとともに水着の季節がやってくるので、
ぼくの意見を述べたいと思います。

結論としては、アンダーヘアは、Vラインをきれいにお手入れして残すべきだと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:美容

ネオ豆乳ローションはデリケートな粘膜に塗っても大丈夫と思います [ネオ豆乳ローションはデリケートな粘膜にもOK]

ふとしたことから、『ネオ豆乳ローション・ストロング』を
自分の鼻粘膜に毎日塗っていました。

刺激に敏感な鼻粘膜に塗っても刺激性が全くないので、
これならデリケートな粘膜に塗っても大丈夫と思った次第です。
ネオ豆乳ローションシリーズの主成分は食品ですし、
粘膜を刺激するものは何も含まれていないので、当たり前と思います。

また、ネオ豆乳ローションシリーズに含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモン様作用があるので、
特に女性の場合、デリケートな粘膜の健康に役立つと思うのです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:美容

抜け毛のお悩み解消の『ネオマシュマロ・ヘアローション』を新発売しました

09年3月18日、待ちに待った『ネオマシュマロ・ヘアローション』の新商品が到着。
翌日ネット販売を開始しました。
早速のご注文が相次ぎ、大変ありがたいことと感激しています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(41) 
共通テーマ:美容

『ネオマシュマロ・ヘアローション』の完成が間近です [マシュマロヘアローション]

テレビ局から提案された『抜け毛の悩み解消』という難題に応え、
「高濱式手作りマシュマロ・ヘアローション」を発表したのは、
みのもんたさん司会のテレビ番組『月曜エンタぁ』(テレビ東京)でした。
放送は、2006年2月6日でした。
その後、沢山の雑誌に紹介されたりしました。
また、手作りは面倒なので、製品化し貰いたいという要望も沢山頂きました。

あれから3年の努力。
やっと来月、3月上旬に待望の製品『ネオマシュマロ・ヘアローション』が完成します。
元旦に書き込んだ「今年の抱負」の第1番目目標の達成です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:美容

『ネオ豆乳ローション・ストロング』で消えた髭 したたかに生き残る髭 [毛差]

史上最強の抑毛力をもつ『ネオ豆乳ローション・ストロング』の発売から1年経ちました。
このローションは、世界に例を見ない大豆胚芽エキスを高濃度に配合したものです。

ぼくのストロング歴も1年になります。
テレビで「高濱式手作り豆乳ローション」を発表したのが2003年ですから、
それを入れると、豆乳ローション歴は6年になります。

久しぶりにマイクロスコープで髭チェックをしてみました。
(08年の3月にも髭チェックをしていて、無毛地帯出現の写真を載せました。)

続きを読む


nice!(0)  コメント(18) 

皮膚の保湿成分はこんなに複雑 [保湿成分]

「皮膚が持っている保湿成分」と言えば、天然保湿成分(NMF)と細胞間脂質が有名です。
そのNMFには、アミノ酸、無機塩類、ピロリドンカルボン酸など、
細胞間脂質は、セラミド類、遊離脂肪酸、コレステロールなどが
多く含まれていると言われています。

皮膚の表皮細胞、特に角質層のすぐ下の移行層細胞が、
このような保湿成分を作り出すのはすごいことだと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:美容

ネオ豆乳ローションは子供さんにも使えます [子供さんにもネオ豆乳ローション]

『ネオ豆乳ローションは子供にも使えますか?』という質問を時々受けます。
答は「イエス、使えます」です。

理由は、いろいろありますが、
第1に、ネオ豆乳ローション200ml1本の大豆イソフラボン量は、
『高濱式手作り豆乳ローション』に使う無調整豆乳500ml1本分相当だからです。
飲んでしまえば2、3日で飲み終わる500ml豆乳ぶんの大豆イソフラボンを、
1~2ヶ月かけて肌に塗ることになります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(17) 
共通テーマ:美容

アンダーヘアの手入れの相談ー新たな課題と受取るか?悩んでいます [アンダーヘア]

アンダーヘアの手入れの相談を何度か受けました。

Vラインの手入れは身だしなみの一つでしたが、
最近は、特に欧米ではそれより一歩進んで、
V、I、Oの手入れが男女を問わず話題になっているようで、
日本でも少し話題になりつつあるようです。
ビキニの夏が近づけば、もっと現実味を帯びてくることでしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

新年おめでとうございます。 今年の抱負は [09年の抱負]

今年の抱負は、高濱の持ち味である、天然成分活用の
医食創美型コスメを発展させることです。

1.今年最初の新製品は、これまで3年がかりで開発を進めてきた
『マシュマロヘアローション』になります。
ヘアローションは、失敗が許されない大変デリケートなコスメです。
これまで3年間、数え切れないほどの試作を繰り返しました。

しかし、今度こそはほんとの最終段階に入ったと思います。
良いものが出来上がったので、最終段階の香りの調整が進行中す。
2~3月の発売開始を目指します。

2.『白髪改善・予防のヘアローション』を平行して進めています。
これは、特許出願中のゴマエキス利用のものです。
02年に発明以来、ぼくは、自分で手作りした
ゴマエキスローションを6年間使っているので、
白髪頭になりません。
しかし、忙しさで手作りできずにいると、
2、3週間するとうっすらと白くなるので、
ああ効いていたのだな、と思い、
またせっせと手作りに励みます。
作り方は面倒で、ほぼ4日がかりになります。

一般家庭でこれを手作りするのは無理なので、
こんないいものを独り占めせず、製品化を急ぎます。

基本レシピは固まっているので、あとは実行するだけなのですが、
なかなか時間的余裕がないのです。
『マシュマロヘアローション』発売のあと、
なるべく早く発売開始したいと思います。

3.次は、ネオ豆乳ローションシリーズの更なるパワーアップです。
これも春前には済まさなければなりません。ああ、時間が足りない!
ネオ豆乳ローションシリーズは、
大豆胚芽エキスを利用したユニークな抑毛&美肌コスメで、
幸いに大変好評を頂いています。
しかし現状に甘えず、絶えず研究を重ねて進化させていきます。

4.美白コスメの『ネオホワイトソイジェル』も人気が出てきていますが、
気になるのは、美白のあとの紫外線対策です。
ぼくもこれを顔に使っていますが、最近気付いたことは、
日中外に出るときは帽子をかぶるのですが、
天気が良いと鼻の頭が赤く日焼けするのです。
紫外線から肌を守るメラニンが弱って来た証拠で、愕然としました。

紫外線が強くなる前に、一刻も早く紫外線予防のコスメを準備しなければなりません。
自社開発が間に合わなければ、他社製品を紹介しなければなりませんが、
市販のUVカットのコスメは、肌を傷めるのが悩みです。

その他として、現在の製品の新しい利用法開発など、夢は沢山あるので、
今年も一歩一歩努力を積み上げていくつもりです。

nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:美容

飯島愛さんはムダ毛撃退豆乳ローションのデビューに一役買ってくれました [豆乳ローションと飯島愛さん]

ムダ毛抑制の『豆乳ローション』のデビューは、
2003年6月5日のTBSテレビの当時の人気番組「スパスパ人間学」です。
司会が森本毅郎さん、「爆笑問題」の田中祐二さんと太田光さん、木村郁美さんと
ベテラン揃い。
ゲストが飯島愛さん、岡本夏生さん、佐藤江梨子さんでした。

番組タイトルは、 『世界初!究極のムダ毛撃退法』 、
さらに 『ムダ毛撃退プラス美肌 の夢のローション』 とされ、
「高濱式手作り豆乳ローション」が初めて世の中に紹介されたのです。

実験には、8名の専属モニターさんに4名の一般モニターさんが加わり
3週間の塗布実験には、すべて高濱が手作りした2種類の大豆ローションと
豆乳ローションとが使われました。

腕、わき、背中、足のムダ毛をいったん剃ったあと、
3週間、左側だけにローションを塗り、塗らなかった右側と比較したのです。

比較は、3週間後のマイクロスコープ検査のほか、
モニターさん達の左右の腕や足から剃り集めたむだ毛の直径を
顕微鏡で測定し、数値を統計処理して結論を出しました。

その結果、2種類の大豆ローションを抜き、意外にも
豆乳ローションの抑毛効果が最大だったのです。
豆乳とレモンだけで作る超簡単レシピのローションです!

テレビ局のスタジオでも、田中祐二さんと太田光さんが手作りして見せ、
完成したローションをゲストの飯島さんらが腕や足に塗っていました。

下の写真は、録画中のスタジオの横から撮影したものです。
残念ながら、飯島さんは横顔や後ろ姿しか写っていませんが、
その華やかなファッションが伝わってきます。

TBSスパスパスタジオ録画飯島愛さんjpg.jpg
スタジオで「爆笑問題」が手作りした豆乳ローションを、飯島さんが懸命に腕や足に塗っていました。

TBSスパスパスタジオ録画飯島さん後姿.jpg
TBSスパスパスタジオ岡本さん.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

美白の難しさを克服する! 美白成分をしみ込ませるルート3(うぶ毛の根元以外の皮脂腺から) [美白]

美白成分をしみ込ませるルート3
うぶ毛の無い所にも無数の皮脂腺があり、皮脂を分泌しています。

下の写真は、皮膚の表面の走査型電子顕微鏡写真です。
うぶ毛の根元に分泌された皮脂球が見られますが、
うぶ毛の無い場所にも皮脂腺があって、
無数の球状の皮脂が分泌されているのが良くわかります。
皮脂分泌うぶ毛以外文字縮小Atals of Normal Human Skinのコピー.jpg
(Atlas of Normal Human Skinより)

続きを読む


タグ:美白
nice!(0)  コメント(0) 

美白の難しさを克服する! 美白成分をしみ込ませるルート2 (うぶ毛の根元の隙間から) [美白]

美白成分をしみ込ませるルート2
皮膚の至るところに生えているうぶ毛。
その根元では表皮が落ち込み、その奥の毛根鞘に連らなりますが、
落ち込んだ部分が隙間となっているので、
この隙間が美白成分をしみ込ませようと狙ったルート2です。
皮膚表層(毛根)の毛細血管Histologic Diagnosis of Inflammatory Skin Diseases_edited-1の縮小コピー.jpg
(Histologic Diagnosis of Inflammatory Skin Diseasesより)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

美白の難しさを克服する! 美白成分をしみ込ませるルート1(角質細胞の隙間を通るルート) [美白]

美白成分をしみ込ませるルート1
皮膚の表層を占める角質層は、角質細胞が10層以上積み重なり、バリヤー層となっています。
下の写真は、角質細胞の断面の透過型電子顕微鏡像です。

個々の角質細胞の内部は、白く見えるケラチン繊維と、
黒くみえるフィラグリンという物質とで満たされ、
とても頑丈な構造をとっています。

角質層細胞間の隙間Physiology, Biochemistry, and Molecular Biology of the Skin_edited-1のコピー.jpg
(Physiology, Biochemistry, and Molecular Biology of the Skinより)

上下の角質細胞は、中央に黒く見えるデスモゾームという接着装置でくっついています。
角質細胞の周りに白く見えるのが、ルート1として狙った角質細胞間の隙間です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

美白の難しさ その2.美白成分がしみ込めない角質層表面 [角質層]

走査型電子顕微鏡で皮膚表面を観察したデータでは、
皮膚の角質層の表面は、タイルを敷き詰めたように角質細胞が並び、
隣同士の角質細胞と、細胞間脂質でぴったりと接着されています。
角質細胞1個走査電顕ed.3Atlas of Normal Human Skin_edited-2のコピー.jpg
(写真は、Atlas of Normal Human Skinより)
5角形に見えるのが1個の角質細胞で、
隣接する角質細胞とは、白い線状の細胞間脂質で接着されており、
頑丈なバリヤーを形成しています。
このバリヤーが美白成分のしみ込みを阻んでいるわけです。
(高濱素秀の皮膚ミニレクチャー)

nice!(0)  コメント(3) 

美白の難しさ その1.美白成分がしみ込めない皮膚の細胞学的構築 [美白]

皮膚の表面は、角質層。
美白成分を肌深くしみ込ませるには、
先ず、この角質層を突破しなくてはなりません。

しかし、この角質層は、水もしみ込めない完璧なバリヤー。
シャワーを浴びても、お風呂につかっても、
水がしみ込んで水膨れになることはないのです。

そのわけは、平たいタイルのような角質が何層にも重ねられ、
その隙間が接着剤のような細胞間脂質で埋めつくされ、
このバリヤー層となっているからです。
下の写真は、その角質層を特殊な方法で顕微鏡撮影した写真です。

角質層の拡大Histologic Diagnosis of Inflammatory Sk.jpg
(Histologic Diagnosis of Inflammatory Skin Diseasesより)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

美白の研究を再開します [美白研究]

「高濱素秀」というぼくの名前は、2003年にテレビ番組で
「ムダ毛退治の豆乳ローション」を初公開したことをきっかけに、
医学界以外の方にも少し名を知られるようになりましたが、
実は、
化粧品関連では、「豆乳ローション」発明の10年ぐらい前、
美白の研究に着手していたのです。

それは、新宿区にある当時の「東京都立衛生研究所」
(現在の名称は「東京都福祉保健局 健康安全研究センター」)
との共同研究でした。


続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:美容

マシュマロヘアローションのことで週間誌『アサヒ芸能』の取材を受けました [マシュマロヘアローション]

徳間書房発行の週刊誌『アサヒ芸能』がハゲの連続特集を組むことになり、
その第1回目として、ぼくが開発した「高濱式マシュマロヘアローション」のことを
明日10月7日(火)発売のぶんに掲載するそうです。

このヘアローションは、
マシュマロ、キウイ、クコの実、乾し海苔、ホワイトチョコを使った手作りヘアローションです。
レシピは載らない筈です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。